保育士の資格を取得するために必要なこと

学校に通う

保育士になるためには保育士の免許を取らなければいけません。そのための一般的な方法というのは学校に通うことです。保育士の養成学校が全国にはたくさんあります。その中には大学や短大、専門学校が含まれているのです。そこで所定の単位を習得して卒業をすることによって、保育士の免許を取得できます。

大学は4年間であり、短大と専門学校は3年間通うことになります。それぞれにメリットとデメリットがあります。学費については専門学校の方が安くて、大学が一番高くなります。就職率についてはどれもあまり差がないでしょう。ただし、保育士以外の仕事も視野に入れているならば、大学の方が有利となります。短大や専門学校というのは基本的に保育士を目指すためのカリキュラムが用意されているため、それ以外のことについてはあまり学べないのです。教育環境については、短大や専門学校の方が実習が多くて、より実践的な教育を受けられるでしょう。大学の場合は教養課程があり、関係のない分野について学ぶ時間がたくさんあります。受験の難易度については専門学校が最も入りやすく、大学は難しいところも多いです。

将来のキャリアについても考慮しながら、どのタイプの学校に進学するのか決めると良いでしょう。